体脂肪を減らす方法・対策室

体脂肪を減らす方法は、そのままダイエットで痩せる秘訣になります。ダイエットで痩せようとするとき、筋肉まで落としたいと思う女性は、いないでしょう。それは、筋肉は基礎代謝に関わっており、消費カロリーをアップさせることを知っているからですね。また筋肉があったほうが、体が締まって見えるので、部分痩せに役立つということもあるでしょう。

体脂肪を減らす方法で、もっとも大切な要諦は、体を飢餓状態に置かないこと。これができなければ、他の面でどれほど努力しても、すべて水の泡になりかねません。それどころか努力するほど、どんどん脂肪が蓄積しやすい体質になっていくだけです。

食べないダイエットやプチ断食(ファスティング)をすると、体が飢餓状態になります。低炭水化物ダイエットや朝食抜きダイエットなど、極端な食事制限は皆そうです。人間は1日3食を食べるように出来ているのに、1食でも抜くと、簡単に飢餓状態になります。そうすると、体内でどのようなことが起きるのでしょうか?

  • 異常な食欲に悩まされる
  • なかなか体脂肪率が減っていかない

異常な食欲がわいてくるのは、体が飢餓状態であり、脳が栄養を取り込むように、摂食中枢を刺激するからです。これにはオレキシンという神経ペプチドも関わっています。そのため目が冴えて、不眠を引き起こすこともあります。体脂肪を減らす方法は、このような過激な食事制限ではないのです。

また体が飢餓状態になると、体脂肪率が減っていかない現象に見舞われます。あんなに食べてないのに、あんなに有酸素運動に励んでいるのに、全然脂肪が減らないわけです。これも、ある意味当然のことといえます。

食抜きダイエットなどで、外部から栄養素が体内に入ってこなくなると、体は緊急措置をとります。体内に蓄えられている脂肪を、無駄にしないように、節約しだすのです。当然ですよね?食事から入ってこないからです。また食事からの脂肪や糖質を、できるだけ中性脂肪として蓄えようとします。吸収率がアップするわけですね。その結果、いくらダイエットを頑張っても、停滞期に入り、体重や体脂肪率が減っていかなくなるのです。

体脂肪を減らす方法の基本は、以上のように、まずは体を飢餓状態に置かないことです。しっかり食べることです。ただし、食べ過ぎれば肥満の元になります。このへんがダイエットで難しい点です。

体脂肪を減らす方法のコツとして、食事法と運動法を、かならずミックスさせる点も重要です。ダイエットの食事だけでは、筋肉が発達しないので、たとえ飢餓状態ではなくても、脂肪があまり燃焼してくれません。筋肉細胞は、脂肪の燃焼工場だからです。また、有酸素運動は、心肺機能を高め、血行をよくするため、効率的に痩せるためには、やはり欠かせません。

いっぽう運動だけのダイエットも、体脂肪を効率よく減らしていくことができません。たとえば、いくら運動に頑張っても、そのあとドカ食いしてしまえば、摂取カロリーがオーバーしがちになります。運動で消費カロリーを増やすとともに、食事量を少しだけ制限することによって、ようやく消費カロリーのほうが多くなり、体脂肪が減っていくのです。

体脂肪を減らす方法は、誰にでも簡単にできます。しかもスポーツジムに通う必要は全くなく、自宅でテレビを見ながらにしてできるものです。要は、正しいダイエットの知識と、ちょっとした発想の転換です。さあ、今日から筋肉を減らさない、健康的なダイエットをスタートさせましょう!

>> 【PR】わずか1か月で、好きなだけエステに通えるようになり、いつでも好きなだけ「欲しいもの」を買えるようになる”たった1つの方法”とは?(無料)
太る原因と肥満対策法とは? 〜脂肪の取りすぎが原因。
ダイエットで痩せない女性がすべき事って? 〜短時間の運動を積み上げよう!
太らない方法を知ってリバウンドを阻止 〜腹八分目と筋トレ、咀嚼など。