体脂肪を減らす方法・対策室TOP > ダイエットで痩せる方法のポイントとは? > 体脂肪を減らす食事方法とは?

体脂肪を減らす食事のポイント

体脂肪を減らす食事方法について解説します。

ふつう体脂肪を減らす方法というと、食事量を大幅にダウンさせるやり方が取られます。こういったアプローチが、真っ先に頭に思い浮かぶのではないでしょうか?朝食や夕食を抜くダイエット、もっとひどくなると1日1食だけというダイエット。

これは食事の回数や食事間隔に関してですが、内容を低カロリーにする「体脂肪を減らす食事法」もよく行なわれます。たとえば炭水化物(ブドウ糖)を極端に減らす「低炭水化物ダイエット(あるいは炭水化物抜きダイエットとも)」。脂肪を減らす「油抜きダイエット」。

このように体脂肪を減らす食事というと、できるだけ食べないダイエットの方法が採用されがちです。しかし、ここにこそ、なかなかダイエットで痩せれない落とし穴があるのです。それはカロリーが不足すると、脳が飢餓状態になってしまうからです。

体の骨格筋などは、体脂肪を分解して、エネルギー源とすることができます。脂肪だけでも基礎代謝を維持できるということです。ところが脳や赤血球に関しては、ブドウ糖のみが栄養源という事実があります。ここがダイエットで忘れられがちなところです。

カロリーを減らせば痩せていくと考えて、食事量を極端に減らすと、当然、脳に対するブドウ糖の供給が激減します。そうなると脳は飢餓状態に。脳の摂食中枢にあるオレキシンという神経ペプチドが刺激され、盛んに空腹信号を発信するようになります。ブドウ糖が得られるまでは、睡眠までも犠牲にして、食事にありつこうとします。そのため食べないダイエットは、不眠促進法でもあるのです。

体脂肪を減らす食事を考えるとき、ブドウ糖を減らすことは、もっともいけないダイエットのやり方です。ブドウ糖は脳の唯一のエネルギー源なので、不足することは許されません。脳が働かないことは、人間が生きていく上で致命的です。そのため、体のどこかの組織から供給する必要があります。

グリコーゲンは、ブドウ糖の唯一の補完タンクですが、飢餓状態においては、たいてい空か、残りが少なくなっているものです。そうなると脂肪がブドウ糖に転化されるのでしょうか?それはありません。一旦脂肪として蓄えられたものは、二度とブドウ糖に戻ることはないのです。

となると残りは、タンパク質ということに。タンパク質は、アミノ酸プールといって、血液中やリンパ液中に流れているもののほか、筋肉に多く蓄えられています。飢餓状態にあるとき、この筋肉が標的となるのです。筋肉を分解して、ブドウ糖にするわけです。これを糖新生と呼びます。

このように体脂肪を減らす食事においては、食べない方法を採用すると、貴重な筋肉が分解されます。そして、それを脳へと補給するのです。これでは体脂肪を減らす方法とはなりませんよね?

なぜなら筋肉は、多くのカロリーを消費するからです。基礎代謝を支える重要なファクターなのです。これが減ることは、太りやすい体質になることを意味します。リバウンドしやすい体内環境になるということです。

そのほかダイエットの食事方法においては、糖質、タンパク質、脂質、ビタミン、ミネラルの5大栄養素のすべてを、バランスよく摂取する必要があります。どれか1つでも欠けると、擬似的な飢餓状態になります。そうなると脂肪を蓄積しやすくなって、脂肪が分解・燃焼しづらくなるのです。もっといえば食物繊維や水分も加えて、7大栄養素を意識することが理想です。

体脂肪を減らす食事法は、以上のように、まずは1日3食を心掛け、栄養バランスも欠けないように注意することが基本です。けっして、これを食べれば痩せれるという食材やダイエットサプリメントは、存在しないのです。もしあれば、医療の現場で、すでに肥満治療に採用されているはずですよね?ダイエットの食事法とは、当たり前のことを地道に行なっていくだけのことなのです。